セキュリティーが一番です

専門の会社に任せるといって、一番問題になるのがそのセキュリティーです。

いくら効率よく文書保管ができるといってもセキュリティーが万全でなくては何の意味もありません。

自社の研究開発の事だけなら、自社の損失ですむことでしょうが、個人情報を扱う、銀行とか病院、企業においても個人との契約とかを扱っているような所でその安全性がなくなってしまったら、被害は大変な額になるでしょう。

今は個人情報が高くで売買されることは誰でも知っています。

ですからそのような文書保管の会社で、万が一にも情報漏れなんてことがあってはその会社の存続はまずないでしょう。

その為には高い安全性を持っている会社を見極め、管理を委託する必要があります。

建物の耐震、耐火性にも優れ、もちろん、紙文書の劣化を防ぐためには防湿性も大事でしょう。

自由な出入りを防ぐために指紋確認による制限をしたり、文書が持ち出されることがないように監視したり、定期的に点検をすることで機密を保持しているといった取組もしている所がいいといえます。