これからの保管の在り方

紙で保管するにも電子化するにもこれからはどの保管の仕方がいいのかを選択するといったことで文書保管の仕方も変わってくることになります。

スキャンすることで電子化も随分進みましたし、その保存方法が認められるといったことも多くなってきました。

こういったやり方が進むとたくさんの資料を一枚のCDなどで持っておく事もできますから、場所をとることもありません。

さらに紙の劣化というようなこともありませんし、万一災害等が起こっても紙よりは安全であるといえます。

しかし、一方で必ず原本でないといけないといった文書保管の仕方もあります。

こういった資料は永久保存されることが多いので普通には見せてもらえないといった保管の仕方をしているそうです。

そのかわり、マイクロフィルムによる保管を専門の資格を持った人が対応しているといいます。

このようにこれからの文書保管はその重要性や期間、使われ方によって多様に保存の状態を変えていくということになりそうです。