保管がなぜ必要なのでしょう

私たちの生活に置いて、なぜこういった文書保管が必要なのでしょう。

例えば、病院のカルテを考えてみた時に、いついっても以前どういったことでこの病院にかかったとか、あるいは別の病院だったとしても、そこから、カルテを送ってもらったりといったことができます。

そういった情報があることは今の症状が過去において原因があるのか、ないのかといったこともすぐわかります。

もしそれがなかったら、原因と対処に行きつくまでに病歴を確認したり、うろ覚えの未確認の情報を病院に与えることになったりといろいろと困ります。

ですから、病院は長期に渡り、一患者のカルテを保管することはとても重要な事になるということです。

だからといって、大きな病院になると、その数は某大でしょう。

ただでさえ、病院という所は人が多く出入りする場所です。

そんな所で文書の管理の為だけに書庫を持つといったことは場所や人を雇うという観点からもかなりの額になることでしょう。

ですから、文書保管の専門の業者にその管理を委託するということはどうしても必要なことかもしれません。